私、斉藤しげひとは、自身の議員報酬30%を全国の被災地、福祉施設等へ寄付します!
私、斉藤しげひとは、
自身の議員報酬30%
を全国の被災地、福祉施設等へ
寄付します!

プロフィール

昭和43年(1968年)11月20日 兵庫県伊丹市生まれ 50歳/世田谷区等々力3丁目在住
妻、長女、長男、次男の5人家族/甲南大学法学部法学科卒業

住友不動産、大和ハウス工業、積水ハウス、錢高組等大手建築・不動産会社勤務を経て(株)オフィスサイトウに入社、「保育ルームすまいる」の運営に携わる。

平成29年7月12日、社名をジャパンナーサリーサービス(株)に商号変更、代表取締役に就任。

現在、認可外保育園4園運営の他に、新業態の乳幼児教育事業「ギフト式乳幼児教育すまいる」の運営に携わる
趣味:筋トレ、スポーツ観戦 / 座右の銘:至誠通天

斉藤しげひと

出馬理由

世田谷区に暮らす家庭の子育て環境を一気に良くしたい——。 その一心で、世田谷区政に挑むことを決意しました。

今から遡ること3年8カ月前、待機児童問題がピークの中、微力ながら社会貢献できればと思い、保育士の妻と二人で世田谷区の尾山台駅前に小さな認可外(無認可)保育園を開園しました。

多くの園児や親御さんに接することで、ひとりの人間として、かけがえのない経験を積めたと思うと同時に、世田谷区民のお困りの声を汲み取るべき立場の人間たちの不作為もかなり体感してきました。

親御さん達は、忙しい仕事の合間を縫って保育園探しに奔走しますが、どこの保育園にも当選しなかったり、当選したとしても自宅から遠く離れた園だったりと、困り果てている様子をたくさん見てきました。

ある日の夜のこと、飛び込むように突然ご来園されたお母さまが、必死の形相で私の足にすがってこう言いました。

「空いている保育園がまったくない。明日から職場復帰しないと、会社をクビになる。なんとか入園させてほしい」。

私は思いました。 どうしてこんなことになってしまうのか、と。この不条理を解消する必要があると強く感じました。

斉藤しげひと

はっきり言いましょう。 世田谷区の子育て(保育)政策は矛盾が多すぎます。

いつまで経っても待機児童数が改善しない状況が何よりそれを物語っています。

新規参入障壁や旧態依然な保育施設基準…。

今こそ、世田谷区の子育て政策を徹底的に見直し、子どもや保護者、地域にとって真に必要なものに変えるべきです。

私は、子育て政策こそ世田谷区の未来を握っていると思います。 想像してみましょう。

もし、子育てがしやすくなって街が今以上に活気づけば、経済が成長するでしょう。 その恩恵は、子育て世代以外にもたらされるはずです。

もし、子どもを預けやすい環境を整備できれば、女性が働きやすい社会になるでしょう。 その恩恵は、世帯所得の上昇という形で家庭に還元されるはずです。

もし、子どもも女性も住みやすい地域になれば、評判が評判を呼んで地価やテナント料が向上するでしょう。その恩恵は町全体にもたらされるはずです。

つまり、子育て政策は子育て世代だけでなく、全世代に波及的または間接的に効果をもたらす、大きな可能性を秘めているのです。 子育て政策の改善と刷新が約束する未来は果てしなく明るいです。

政策の刷新を通じて子育て環境を改善し、皆さんと一緒に世田谷区を盛り上げていきたいと思っています。

どうぞ、御愛顧よろしくお願い申し上げます。

斉 藤 し げ ひ と

斉藤しげひと

政策

  1. 子どもが一番!笑顔が輝く世田谷
    1. 子育て負担の軽減 ―区民の子育て環境を一気によくしたい―
      1. 潜在的ニーズも含めた待機児童数を把握して、真の待機児童の早期ゼロ実現のために保育政策の抜本的な取り組みを進めます。(潜在的な待機児童数は、公表待機児童数の約2.6倍と厚労省は発表しています)
      2. 病児・病後児保育園の開設を推進します。
      3. 学童クラブの閉所時間の延長・土日祝日の開所・障がい児の受け入れを推進します。
    2. 教育費負担の軽減 ―教育は原則として完全無償であるべき-
      1. 全ての子どもが生まれ育った環境に左右されず、安心して教育を受けられるよう国や都と連携して、就学前教育の完全無償化、区立小・中学校の給食費などの完全無償化に取り組みます。
      2. 子どもの居場所を数多く創設するために、コミュニティーセンターなどの活用を図り、学習支援を行う居場所づくりを充実させます。
    3. 児童虐待ゼロに向けた取組み ―未来の大切な子どもを守りたい―
      1. 進行中の区立の児童相談所の早期開設に一層取り組みます。
      2. 保育所・学校・医療機関・警察などの機関が、情報を共有し協力できる体制をより強化します。
  2. 高齢者と家族のゆとりある生活
    1. 要介護高齢者の支援を充実 ―安心して暮らし続けられる地域社会を目指します―
      • 介護が必要になっても安心して住み慣れた地域で生活できる「地域包括ケアシステム」づくりを積極的に推進します。
    2. 元気高齢者の社会参加 ―元気高齢者の知識と経験を活かした社会参加を促進します―
      • 元気高齢者の就労支援のため、地域の事業者や福祉事業所など身近な人材ネットワークの構築の一層の充実を図ります。
  3. 行財政・議会改革
    1. 行財政改革 ―将来次世代にツケを残さない強固な財政基盤を確立します―
      1. 成長戦略に基づく新産業の育成や環境・エネルギー政策の充実、子育て・福祉の充実など未来につながる投資に集中した予算の使途を行います。
      2. 「談合ゼロ、利権ゼロ」へ。入札や随意契約などで区民から疑惑を持たれないように厳しくチェックして行きます。
    2. 議会改革 ―もっと働く議会と議員に!区議会議員歳費(報酬)を30%削減!
      1. 区議会議員の年間歳費(報酬)が約1,300万円(政務活動費年間288万円/年を含みます)という高待遇を見直し、都民の平均年間所得である約500万円に近づけて行きます。
      2. 区議会議員定数を現在の50人から25人に半減!
        • 現在の区議会議員年間歳費(報酬)約5.6億円を半減する事で約2.8億円の削減ができ、そのお金を「区立小・中学校の給食費などの完全無償化」など未来につながる投資に使えます。
  4. 防災・安全の都市!環境先進都市!
    1. 防災対策の推進 ―区民を災害から守り、環境に優しい都市を目指します―
      • 災害時でも100%通信を可能にするため、Wi-Fi整備・電源確保を進めます。また避難所となる区内体育館の完全冷暖房化、大型太陽光パネル・蓄電池設置など省エネ・低酸素化と防災力の向上の取組みを進めます。
    2. 環境施策の推進 ―地球の資源をムダにしないで繰り返し使う都市を目指します―
      • 使い捨てプラスチックの利用を減らし、NOレジ袋、マイ箸など使い捨て容器の使用を抑制し、リデュース(Reduce)・リユース(Reuse)・リサイクル(Recycle)の3Rなど身近な環境行動を盛り上げて行きます。また食品ロス半減のため家庭の食品廃棄削減運動など取組みを強化します。
  5. スポーツ・文化・平和都市
    1. 2020オリンピック・パラリンピック東京大会 ―オリ・パラ東京大会を盛り上げます―
      • 区立大倉運動場と大倉第二運動場が、アメリカ合衆国選手団のキャンプ地として決定していることから、子どもたちとの交流事業実施などで選手団との交流を図るスポーツ・文化交流を活性化させます。
      • 大会を契機として、ユニバーサルデザインのまちづくりや、心のバリアフリー対策をより一層強化します。
以上